河野透が、クローン病、大腸がん、抗癌剤の副作用について、最前線の医療現場の情報をお伝えします。

河野main.psd


HOME > 潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は免疫抑制剤、白血球除去療法など内科的治療による奏功率が高まり手術率は減少している。外科的には若年者が多いことから腹腔鏡手術を第1選択とするところが増加している。残存する直腸粘膜の問題点は未解決であるが、大腸全摘、回腸Jパウチ肛門(管)吻合を二期に分割する術式が標準である。手術適応としては社会的適応、colitic cancerによるものが増加している。術後の問題点としてパウチ炎の発症率が高く、定期的な内視鏡検査によって早期発見・治療が推奨されている。